ようこそ! 東御市議会議員若林みきおのホームページへ

 滋野小学校の思い出

ふるさと滋野

 滋野小学校の思い出

 時代の波に翻弄された学校生活

同窓会8_R2.jpg

私は昭和31年4月に滋野村立滋野小学校に入学しました。新入生は4クラスでした。昭和33年、私が小学校3年の時に滋野村は隣接する東部町と合併することになりました。

しかし井子(いご)、糠地(ぬかじ)、芝生田(しぼうだ)の皆さんはこれに反対し、昭和34年に小諸市に編入することになりました。このため4年生になった時には3クラスに減っていました。写真は東部中学校滋野部校です。現在の滋野保育園の場所にありました。

 1年間だけの統合中学

同窓会3_R2.jpg

昭和37年、私たちは中学校へ進級しました。写真は私が6年生の時の写真です。私は2列目、先生と先生の間に顔を出しています。後ろに見える建物はその当時あった体育館です。小学校のプールのあるところに建っていました。

合併に伴い中学校も統合されましたが、町に新しい校舎を建設するお金がなかったため名目だけの統合となり、東部中学校滋野部校と呼ばれていました。

中学2年の時、いよいよ統合中学校の建設が始まりました。建設資金を節約するため4地区の中学校のうち、一番新しかった滋野中学校の建物を解体し、統合中学校の管理棟に再利用することが決まりました。私たちは1年間お隣の滋野小学校の第3校舎に間借りすることになりました。

昭和39年、中学校3年生の時統合中学が完成し、1学年11クラスの長野県下でも有数のマンモス校が誕生しました。ここで滋野地区以外のほかの地区の生徒と一緒になって1年間だけ勉強しました。しかし1年間だけのクラスだったので卒業とともに疎遠になってしまいました。4年前の市議選への立候補で再会した方もいらっしゃいました。

こうして考えると私たちの世代は昭和の大合併に翻弄され、クラス替えも何度か経験することになりました

 運動会は村をあげての一大イベント

合併前の滋野小学校と滋野中学校は隣接し、同じ校庭を使っていることから日頃から交流がありました。とりわけ運動会は滋野村をあげての一大イベントであり、村中あげて弁当持ちで応援に来てくれました。私も兄やいとこたちと一緒に母の作ってくれた稲荷ずしや海苔巻を食べるのが何よりの楽しみした。当時はまだまだ貧しく稲荷ずしがなによりのご馳走でした。サンマなども1匹は食べられず半分にして分け合っていたことを思い出します。

ツギがあたっているズボンをはいていたり、鼻水が出てもちり紙がなく袖口で拭くので、袖口ががテカテカに光っているような服を着ていました。しかし当時はそれが普通だったので、特に貧しいというような意識はありませんでした。みんな仲良く遊んでいました。

a:1450 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional